オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

仙台市太白区にて屋根葺き替え検討中のお客様宅へ行ってきました


街の屋根やさん仙台店 担当の朝川です。
今回の現場は築年数25年・屋根や外壁、雨どいの塗装を1度されているお客様からのお問い合わせの為、現調にお伺いしてきました。10年ほど前に外部の塗装を行っていたようなのですが、段々と塗装の剥がれが目立ち始めたため、再塗装・屋根の重ね葺き・葺き替え、どの工事が自分の家に合っているのか調べて教えて欲しいとの事でした。お客様のお宅は1軒1軒、造りや使われている屋根材・雨どい・築年数等も違うため、まずは現場を見させていただきその中からお客様1人1人に合ったご提案をさせて頂きます。
それでは現調の様子を写真で見ていきましょう!
屋根材のひび割れ
まずはこちらの写真から。
1度塗装はしていたとの事ですが経年劣化により塗膜が剥がれています。そのことが直接の原因ではないのですが屋根のひび割れが発生しています。

この屋根は『カラーベスト(スレート屋根』と呼ばれる商品で数多くのお客様宅で使用されています。この屋根材に限らず、ガルバリウム鋼板を使用した屋根材でも日々の雨や風・紫外線などの影響で劣化は進んでいきます。そして、夏の暑い時期と冬の寒い時期の寒暖差で材料が伸び縮みし、材料の反りや浮き・ひび割れの発生へと繋がっていきます。通常通りに施工されてるのであればすぐに雨漏りを心配する必要はありません。どのハウスメーカー・工務店・板金店・瓦店でも必ず屋根材の下には防水紙(ルーフィング)と呼ばれる建材が施工されています。その防水紙がしっかりと施工されているのであれば少々の雨では建物内への浸水の心配はありません。ですが、あまりにも長い期間放置してしまうと、さすがの防水紙も劣化しますのでご注意を!屋根の下地材(構造用合板)まで痛めてしまうとリフォームの金額が増加してしまいます。

割れた屋根
こちらの写真も同じですね。少し大きめに割れています。こちらの写真では外壁と屋根材の接地部にも問題がありますね。通常の屋根仕舞い(やねしまい)であれば屋根材施工後、外壁との間に雨押さえと呼ばれる板金加工物を取り付けます。
そうする事で壁を伝った水が屋根材を痛めない・雨が浸入しづらい・外壁材の水の吸い上げを防ぎ劣化しにくいといった環境に仕上げていくことができます。

屋根材以外の場所を見ていくと・・・・

屋根の写真
こちらは屋根の頂上部分・棟包み(むねつつみ)板金になります。周りの屋根材の塗装は剥がれて色あせてきてますが棟板金自体は比較的きれいな状態でした。よくお問い合わせ頂くのですが、
『台風で屋根から金属の何かが落ちてきた。』『強風で屋根の上からバタン!バタン!と大きな音がする。』
はい。原因の7割8割はこの棟包み板金の仕業ですね。経年劣化していくと下地材の木材が雨水の浸入などで腐ったり、木材自体が痩せて棟板金を留めている釘などが抜けやすくなってきます。そこへ風が入り込み、抜けかけていた釘が耐えられなくなり飛散したり剥がされたりしてしまいます。ビスなどで留めている場合は比較的・抜けづらいのですが、施工する業者により施工の仕様は様々ですので、屋根塗装や点検を検討されているお客様がいましたら業者さんに伝えて見てもらうのが良いかと思います。棟包み板金や下地材に不具合がなく、釘が抜けかけて釘頭が浮いている場合はビスの増し打ちなどで対応も可能な場合もありますので、ご依頼された業者さんへ相談していただければと思います。
屋根の写真
こちらは拡大した写真です。丸印の部分が先ほど説明しました釘の浮きになってきます。その他、棟包み板金の接続部分のシーリング材の劣化・中の下地材(木材)の劣化が見られました。表面の見えている部分が綺麗でも中の下地材が劣化していることもあります。その場合、下地材ごと風で飛ばされる事もありますので今回のケースでは屋根再塗装の場合でも、棟包み板金の交換は必要工事になってきますので提案させていただきました。

今回のまとめ

今回の現地調査についてお客様へ報告し、屋根の再塗装は可能であること、その際は棟包み板金の交換は必要であることをお伝えしました。また、再塗装の際は飾り煙突周りの外壁と屋根の接地部分周りの屋根材を1部撤去し、雨押え板金と呼ばれる板金加工物を取り付け、屋根を復旧したうえで再塗装するような提案を致しました。1度お客様も検討されたいとの事でしたので再塗装・葺き替え、両方の見積もりをお持ちしてお客様のご予算や想いに極力・近付けるようなご提案を検討していきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

同じ地域の施工事例

施工事例

仙台市太白区で強風被害による棟板金飛ばされ案件の工事に伺いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35㎜ 
築年数
40年
建坪
40坪
保証
工事費用
約20万
施工事例

宮城県太白区にて板金による穴塞ぎとセメント瓦補修工事を行いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35㎜平板
築年数
約50年
建坪
約28坪
保証
工事費用
6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

汚れた雨樋

大和町で施工している雨樋架け替え工事のご紹介です。屋根工事に伴い、足場を架けるタイミングでしたので同時に雨樋の交換も行っていきます。今回ご紹介するのは既存雨樋の撤去と新設する雨樋用の吊り金具の施工までです。さっそく写真と一緒にご紹介していき...........

スレート屋根

石巻市のお客様より屋根に関するお悩みでのご相談です。お客様宅は築浅で屋根の状態もそこまでの傷みは有りません。今回のご相談のキッカケは『屋根の上で夜になると足音がする』というものでした。実際に屋根へ登ってみて原因の特定ができる確約は薄いですが...........

割れたスレート材

塩釜市での屋根調査依頼です。お客様宅はスレート屋根の建物で風の強かった次の日に外へ出たところ、家の庭先に屋根の材料の様な物が落ちていたそうです。ケガや車などへの被害が無かったのが幸いでしたが、屋根がどんな状態になっているのか不安になり、ネッ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-17-8283