オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

太白区長町でのROOGA雅へ葺き替え現場の進行状況 part②


今回は以前ブログに書かせていただきました屋根工事の続編になります。前回は既存の瓦を撤去し防水紙を剥がしたところ、屋根下地の様々な場所が傷んでいました。急遽、補修と補強を行う事となり今回のブログに続いていきます。構造用合板を増張り(ましばり)するところからご紹介していきます。
(興味がございましたら前回のブログもお読みいただくと屋根の状態が分かりますので、是非!)

まずは前回の続きから

屋根
こちらが増張りの様子になります。写真右手の半面が増張り後・写真左手の半面が既存の下地の状態です。前回ご紹介しましたが、既存の屋根下地に使われているのが杉材の屋根板(バラ板)と呼ばれる下地材です。この下地材でも桟木(さんぎ)工法と呼ばれる施工方法でROOGAは施工可能ですが、今回の場合・屋根下地の痛みが進んでいたためお客様とのご相談の元・屋根地の強度を上げる目的として構造用合板を増張りにしました。増張りとはその名の通り既存の屋根下地材の上に合板を張ることを言います。こうする事で地震などの揺れに強く・夏の強い日差しによる室内の温度上昇を和らげる効果も期待できます。
before1
屋根
こちらにも増張りを行っていきます。屋根板(バラ板)が傷んで折れてたり漏水や湿気などで腐敗してしまった箇所はあらかじめ交換します。その上から構造用合板を施工していきます。
horizontal
after1
屋根
合板の増張りの完了です。軒先(のきさき・屋根下地の1番下の部分)をしっかりと通し、まっすぐに施工します。雨樋(あまどい)も交換の予定ですが、現時点で既存の雨樋に雨水が入る位置で下地をしていきました。

屋根下地の補強の次は

屋根
防水紙(ルーフィング)と板金の役物(やくもの)を取り付けROOGA本体を施工するための準備をしていきます。今回使用している防水紙(ルーフィング)はkmew様商材の『タフガード』です。通常の防水紙(アスファルト系ルーフィング)に改質ゴムアスフェルトと呼ばれる成分を含み、通常のルーフィングよりも自己吸着性(釘穴を閉めるなど)があり伸びや曲げに強いとされています。こちらを屋根下地に敷いていき専用の工具で固定し、ROOGAの割り付け位置を墨出しします。写真左手に見える黒い部材が『役物』と呼ばれる部材でこちらは『ケラバ捨て谷役物』になります。ROOGA本体を並べた後、強風などで雨水が横走りし端部から雨水が入ってしまって時に下まで流す役割が有ります。

ここまで準備をしいよいよROOGAの登場です

屋根の写真
先ほどの役物とは別の役物がついてます。屋根の入隅(いりすみ・内角部分)に谷板金(たにばんきん)役物を取り付けます。スレート(カラーベスト)屋根・板金屋根・ROOGA、どの屋根材でも使用します。この部分は屋根材同士の結合が出来ず縁が切れるため重要な部材になり、この部分の施工がしっかりしていないと雨水が多く流れる部分のため雨漏りの原因となります。全ての役物部材を取り付けた後、ROOGA本体を施工していきます。パッと見・瓦材にしか見えないとは思いますが素材も軽さも強さも全くの別物になります!興味がございましたら詳しくまとめて有りますので『ROOGA』こちらをご覧ください♪

最後に

今回のブログではROOGA本体を施工するまでの流れを簡単にご紹介させて頂きました。リフォーム工事では屋根の状態を把握するのが非常に難しいのですが、弊社スタッフ・職方とも経験が豊富ですので臨機応変に対応いたします。リフォーム業者の中には契約後は連絡もくれず下請け業者に丸投げする業者もまだまだたくさん存在するのが現状です。
街の屋根やさん仙台店ではそのような行いはせず、最初から最後までお客様に寄り添い、職方とも綿密に打ち合わせ・現場状況を報告・確認しながら現場を進めていきます。また次回、現場の進捗状況をご報告していきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市宮城野区で嵌合式立平葺きでのリフォーム工事を行いました

屋根下地の写真
嵌合式立平葺き写真
工事内容
屋根葺き替え
雪止め設置
足場
リフォームローン
使用素材
INAGAKI スタンビーTL455
築年数
35年
建坪
約13坪
保証
雨漏り保障10年
工事費用
約33万円/税別(屋根工事のみ金額・仮設足場費 含む)
施工事例

仙台市泉区で板金屋根材の屋根葺き替え工事を行いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
足場
使用素材
JFE鋼板 INAGAKI ヒランビー220
築年数
約35年
建坪
約28坪
保証
雨漏り保障10年
工事費用
約85万円/税別 (仮設足場費 含む)
施工事例

宮城県石巻市で瓦屋根から板金屋根への屋根葺き替え工事を行いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
使用素材
長尺横葺き(ガルバリウム鋼板)
築年数
45年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
約120万円

同じ地域の施工事例

施工事例

仙台市太白区で強風被害による棟板金飛ばされ案件の工事に伺いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35㎜ 
築年数
40年
建坪
40坪
保証
工事費用
約20万
施工事例

宮城県太白区にて板金による穴塞ぎとセメント瓦補修工事を行いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35㎜平板
築年数
約50年
建坪
約28坪
保証
工事費用
6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

新しいスレート屋根

仙台市若林区で施工中の現場です。既存カラーベスト屋根材の撤去を行い新設材にお客様のご要望もあり、雰囲気を変えないカラーベスト材を使用して屋根を施工していきます。前日までの工事でカラーベスト材の撤去・各板金材の撤去・改質ゴムアスファルトルーフ...........

傷んだスレート屋根

仙台市若林区で着工しましたスレート屋根(カラーベスト屋根)の工事のご紹介です。お客様宅は築年数が35年の建物です。何度か塗装によるメンテナンスを行ってきたそうなのですが、劣化の状態も進んで塗装では対応できなくなっていましたので葺き替え工法・...........

屋根カラーベスト

 街の屋根やさん仙台店です。仙台市若林区にお住まいのお客様宅で屋根のリフォーム工事が始ましました。今回の工事内容は既存の屋根材(カラーベスト)をはがし新しくカラーベストを葺き替える工事になります。建物は木造2階建て、築20年程です。屋根の形...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-17-8283