オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

宮城野区鶴ケ谷で施工しました破風板金巻きと雨樋修理のご紹介


仙台市宮城野区のK様邸で施工しました破風板金巻き(はふばんきんまき)工事と雨樋(あまどい)工事のご紹介です。既存雨樋の勾配が傾いており排水されずに端の方に雨水が溜まっている状態でした。排水箇所も雨樋の長さから見ても少ない1ヵ所のみで大雨の際には流れきれず溢れていたとの事でした。また、破風(はふ)と呼ばれる箇所も木材が表しのため長年の風雨により経年劣化で塗装が剥がれていました。今回はこちらも直していきたいと思います。
雨樋 トヨ雨樋 ダンラインエクセル DL55
破風板金 JFE極み-MAX カラーガルバリウム鋼板 0.35mm

破風・雨樋 現況

破風の写真
破風の写真
破風の写真
破風部です。もともと白の塗装はされていたのですがご覧の通りほとんど剥がれしまい、木材が露わになってしまっていました。この状態で放置してしまっていたため破風下部が浸水により傷み始めていました。浸水と乾燥を繰り返した為・破風材が反ってしまっています。このままですと浸水により破風板が腐食し剥がれ落ちてしまいますので、板金材を被せていきます。
雨樋の写真
こちらの雨樋は丸印の箇所に水が溜まっていましたので新しく集水器(しゅうすいき)を取り付け既存の雨樋へ流したいと思います。この場合・集水器を取り付ける方の雨樋を『軒樋(のきどい)』と呼びそこからつなぐ縦のパイプの事を『竪樋(たてどい)』と呼びます。

破風板金 施工

before1
破風の写真
この破風の上には外壁が施工されています。この外壁を伝った雨水が余計に破風材を傷める原因となっていました。
horizontal
after1
破風の写真
施工後。板金の破風材を現調の際に寸法取りをし、加工してきたものになります。外壁との境目の見切り板金の中に差し込んでいますので雨水の浸入を防げるかと思います。

雨樋 施工

before1
雨樋の写真
雨樋の中と雨樋下の部分が黒ずんでいます。これは雨水が溜まり溢れ出し、下の板金材に溜まっていた事になります。苔が生え、黒く見えているのです。
horizontal
after1
雨樋の写真
施工後。既存の雨樋に雨水を流して落とすための穴を開けます。そこへ集水器を取り付け雨水を流し、既存の雨樋に接続しました。新たに排水の外構工事が必要ないですので工事費を抑える事が期待できます。

工事完了

今回の工事は1日完工の工事でした。破風材は現場合わせで加工出来ましたが雨樋の場合は年数が経つとメーカーで欠品・廃番になっている場合が有ります。同等品で取り付け可能な場合も有りますので、雨樋の事でお悩みの方は専門業者にお問い合わせ頂くとよろしいかと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

汚れた雨樋

大和町で施工している雨樋架け替え工事のご紹介です。屋根工事に伴い、足場を架けるタイミングでしたので同時に雨樋の交換も行っていきます。今回ご紹介するのは既存雨樋の撤去と新設する雨樋用の吊り金具の施工までです。さっそく写真と一緒にご紹介していき...........

スレート屋根

石巻市のお客様より屋根に関するお悩みでのご相談です。お客様宅は築浅で屋根の状態もそこまでの傷みは有りません。今回のご相談のキッカケは『屋根の上で夜になると足音がする』というものでした。実際に屋根へ登ってみて原因の特定ができる確約は薄いですが...........

割れたスレート材

塩釜市での屋根調査依頼です。お客様宅はスレート屋根の建物で風の強かった次の日に外へ出たところ、家の庭先に屋根の材料の様な物が落ちていたそうです。ケガや車などへの被害が無かったのが幸いでしたが、屋根がどんな状態になっているのか不安になり、ネッ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-17-8283