オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

仙台市青葉区、経年劣化による棟板金の釘の浮き


こんにちは。街の屋根やさん仙台店です。
本日は仙台市青葉区の現地調査に伺った棟板金の浮きについてご紹介致します。
築30年のカラーベストの屋根で屋根材は塗装されていました。




釘が浮いた状態の棟包
地震や台風などが来ると分かると思いますが、家も動くものです。
自然災害から家は私たちを守ってくれていますがそんな風雨や地震によって
釘は痩せたりするため時間が経つと写真の通り
徐々に釘は抜けてきます。
このまま放置して釘が抜けてしまったら、
風の強いこれからの時期
棟包板金が飛んでしまったり風に煽られて
へし折れてしまう事態になりかねません。



棟巴部釘抜け釘浮き
こちらの写真の棟巴部(むねともえぶ)は片方が釘浮き、もう片方が抜けてしまっています。
シリコンシーラントでくっついているはずの部分も切れてしまい浮いてしまっています。
シリコンシーラントが切れてしまっている隙間からは雨水の侵入口が出来てしまっている状態でした。
棟包の下には下地となる貫板と呼ばれる木材が釘で固定されているため
大量の雨が降ったら家の中にも雨水が入ってしまうこともあります。
以前の施工方法では貫板の素材も防腐処理のしていない木材が使われているため
風雨などにより浸食されていってしまいます。
現在は防腐処理済みの木製貫板、もしくはタフモックと呼ばれるプラスチック製の貫板を使って、
雨水に強い材料での施工をしています。
固定に使用している釘も当店ではパッキンが付いているビスを採用しています。
パッキンが付いていることで雨水の侵入を防ぎ、ビスに変えることで揺れによる抜け、緩みを防げるため
風雨にさらされる棟板金に適しているからです。
地震も多く風も強い東北の気候に合わせて施工をしていけるよう地域にあわせ、
その場に適したものを使っていけるようにしています。
お悩みございましたら是非ご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮城野区で雨漏りに伴う棟板金交換 工事内容をご紹介します

腐った貫板の写真
棟板金の写真
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
カラーガルバリウム鋼板 棟包み板金材(0.35㎜)
築年数
約23年
建坪
約25坪
保証
工事費用
95,000円/税別
施工事例

利府町でのスレート屋根補修と棟板金交換工事を行いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板0.35㎜ タフモック材 KMEWカラーベスト材
築年数
約 20年
建坪
約27坪
保証
工事費用
約18万円/税別 (仮設足場費 含む)
施工事例

仙台市太白区で強風被害による棟板金飛ばされ案件の工事に伺いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35㎜ 
築年数
40年
建坪
40坪
保証
工事費用
約20万

同じ地域の施工事例

施工事例

青葉区愛子でのスレート瓦からROOGA鉄平への葺き替え工事

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
kmew ROOGA鉄平
築年数
40年
建坪
約43坪
保証
10年
工事費用
約330万円(仮設足場費 含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

板金屋根

七ヶ浜町で雨漏りに関するお客様からのお問い合わせです。数日前の雨の強い日に室内へ雨が浸水してきたとの事で調査をお願いしたいとご連絡を受けました。天候の回復後、さっそく現地へお伺いし調査を進めていきます。

屋根の写真

仙台市太白区のお客様から屋根調査依頼のお問い合わせです。お客様宅は築年数が約40年の板金・瓦棒(かわらぼう)屋根のお宅様です。しばらく空き家となっていたそうなのですが、たまたまのタイミングで立ち寄った際・室内に雨染みのようなものを見つけたそ...........

剥がされた棟板金の写真

多賀城市での強風被害による棟板金(むねばんきん)の修理の様子です。K様邸は築年数が28年のカラーベスト屋根のお宅様です。先日の大風により棟板金の一部が剥がされてしまったとご連絡を受け現地調査にお伺いしました。既存の棟板金は飛ばされてはいませ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-17-8283