オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名取市でセメント瓦葺替えと破風塗装検討中の調査してきました 


皆さんこんにちは!街の屋根やさん仙台店・担当の朝川です。
今回のお宅は名取市にお住いの築年数が約35年・セメント瓦葺きのお客様宅へ屋根の現地調査に行ってまいりました!
最近の異常気象・台風による大雨が心配で屋根の状態を見てほしいとのお問い合わせを頂き、状態によっては葺き替えも
検討されてるとの事でご連絡をお受けしました。

今回は屋根の状態・提案のための現地調査の様子を書いていきたいと思います。
セメントの袖瓦
まずは伸縮するハシゴからのお写真
セメントの袖瓦(そでがわら)になります。この瓦は屋根の妻側(つまがわ)端部に使われる瓦で、現場用語では通称『役物(やくもの)』と呼ばれています。
この写真ではセメント瓦の塗膜が剥がれ落ちてますね。
この状態のままだと透水や劣化による割れ・透水した水分からの凍害の恐れがあります。凍害(とうがい)とは屋根や外壁等に浸水した水分が冬の寒い時期などに凍り、その際に膨張して屋根材や外壁材を破損させてしまうことを言います。
その下の木造りの破風材も雨水の浸透のためですね。変色して黒ずんでいます。
再塗装やガルバリウム鋼板材で加工した板金破風材にて包みたいところです。

屋根に登ってみたところ・・・

屋根に立つテレビアンテナ
こちらは屋根上のテレビアンテナです。
アンテナの錆が流れて瓦が変色してますね。
このまま放置したままだと流れた錆により
板金部分(流れ谷等)が錆びて穴が開く要因になります。
雨漏りの原因になる1つですね。
下から見たセメント瓦
こちらも袖瓦になります。
瓦から伝った雨水が破風材を伝ってる跡が見えます。
このまま放置したままですと木造りの破風材が劣化し、
崩れ落ち、軒天材(写真・白い部分)の落下にもつながってきます。
そうなる前に早めの対処をお客様へお勧めしていきたいと思います。

今回の現地調査について

今回お伺いしたお宅様ではセメント瓦の塗膜が剥がれ、徐々に雨水が浸透してる状態でした。
材質自体も『長年、頑張ってきたんだなぁ。』と思えるほど風雨にさらされ痩せてきてる状態です。
そのほか破風材の劣化やアンテナの錆、外壁材の塗装浮きも確認できました。
ここまでの状況をお客様にお伝えし、工事の提案をさせていただき、工事提案をして緊急性の高いものから検討して頂き施工していくのが僕たちの仕事です。もちろん、施工完了後のアフターサービスも最善を尽くします。
まずはお客様からご納得いただけるようにトコトン!お話し合いをしていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岩沼市にて屋根・外壁の色あせ発生のため再塗装工事を行いました

家の写真
綺麗な家の写真
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
シリコン塗装剤
築年数
約25年
建坪
約27坪
保証
工事費用
約150万円(仮設足場費 含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋

岩沼市での塗装工事進行中の現場です。こちらのお客様は以前、現地調査にお伺いし提案をさせて頂き塗装工事を頂いてますお客様になります。現地調査の際に雨樋が交換の時期となっており、提案させて頂きましたが『今回は塗装のみでお願いします。』とご返答を...........

コロニアル屋根の写真

亘理町で行った屋根修理のご紹介です。お客様宅は築年数が16年のカラーベスト(コロニアル)屋根のお客様です。築年数も10年を過ぎ屋根のメンテナンスのご相談でご連絡を頂きました。屋根自体は所々表面のクラックなどが入っていましたので差し替えを行い...........

屋根

仙台市宮城野区で現在屋根のリフォームをご検討中のお客様宅へ屋根の点検と調査へ伺いました。屋根のリフォームと言っても使う屋根材や工法によりその施工方法は様々あります。既存の屋根材を撤去して新たな屋根材を葺く葺き替えや、既存の屋根材をそそままに...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-17-8283