オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

仙台市宮城野区で雨樋の現地調査に行って来ました


街の屋根やさん仙台店です。


今回、仙台市宮城野区住みのお客様宅へ雨樋が外れたと問い合わせがあり現場調査に行って来ました。
現在掛かっている雨樋はナショナル 半丸の軒樋、丸60の竪樋です。
現場調査の様子を紹介します。

現場到着

樋前景
現場に到着しました。

梯子を伸ばし安全を考慮し、屋根に上がり調査しました。今回屋根勾配(こうばい)がゆるかった為、下屋根にも脚立を建てれたので雨樋全体を調査出来ました。

調査開始

雨樋
雨樋
屋根に上がって雨樋の状況を見ていきましょう。
軒樋が一部破損して外れているのが分かります。
経年劣化によって破損したのもと思われますが、集水器の中で軒樋を切り離していない為外角に負荷がかり破損してしまったとも考えられます。
今回の調査現場の用に寄棟(よせむね)三角屋根と呼ばれる屋根の形状では軒樋が一周ぐるりと繋がっています。
暑くなったり、寒くなったりと気候の変化で雨樋も伸縮したりします。
その為今回集水器で切り離しをしていなかった為負担が今回破損した外角にいき破損したと思います。

雨樋
雨樋
他の箇所も見てみました。
ここは軒樋は外れてはいませんでしたが、外角の部材が割れて破損していました。恐らくここも伸縮の繰り返しで負担がかかり破損したと考えられます。


集水器の中に泥が溜まっていました。
これでは雨水が軒樋に入っも集水器で水が止まり竪樋に流れていきません。
お客様宅の周りに木が沢山あったので小さい枝、葉っぱ、砂ぼこりなどが積み重って詰まったと思われます。
よくある問い合わせの一つが『軒樋から雨漏れしてるんですけど』っと問い合わせが良くありますが今回のように泥やゴミなどが詰まっているケースが多いです。

最後に、、

今回調査した結果雨樋の破損個所が多く見られました。
調査内容を含め雨樋の架け替えを提案させていただきました。
架け替え際また泥が詰まらまい用何らかの対策をしないといけません。


屋根に上がるのは非常に危険です。必ず専門の業者に依頼しましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根ドローン空撮

仙台市泉区のお客様です。地震被害相談を受け、屋根の現調にお伺いしました。お客様宅は築年数が約40年の・瓦屋根のお宅様です。2011年の東日本大震災の時、同じように瓦が崩れたそうなのですが屋根業者が忙しく対応してもらえなかったそうです。応急処...........

カラーベスト

 街の屋根やさん仙台店です。多賀城市在住のお客様から屋根の棟板金が飛ばされたと問い合わせがあり調査に伺いました。築約30年程 木造2階建ての建物で、屋根材がカラーベストでした。これまで家のメンテナンスをした事がなかったそうなので屋根以外も見...........

屋根の写真

亘理町でリフォーム工事を行っている現場です。建物の増築に伴い既存建物(母屋)との取り合いが発生しました。リフォーム部の屋根上端から少し上がったところで既存の外壁材をカット・撤去し、雨押え(あまおさえ)板金という部材を取り付けていきます。作業...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-17-8283