オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

新地町で地震により瓦屋根材が落下 シートで雨漏り養生を行いました


新地町での瓦屋根材落下に伴うシート養生です。東北地方で2.13に発生した東日本大震災の余震とみられる地震により瓦屋根の棟部分が落下したとご連絡を受け、現場に急行しました。数日後に大雨の予報となっていましたので早急な雨養生が必要となります。普段は宮城県内の工事事案が多い街の屋根やさん仙台店ですが、今回の地震で福島県内の屋根業者が手一杯で対応が出来ないとの事。困っていたお客様がネットで検索し、ご連絡いただいたという事案になります。

地震に強いリフォームについてご紹介してます⇒こちら

地震の被害は?

地震被害瓦棟の写真
まずは屋根に上がってみます。もちろんこの時点では仮設足場は有りませんのでスライダー(伸縮ハシゴ)で屋根に上がっていきます。この状態の屋根に上がるのは普段慣れている僕たち職人でも非常に怖いのが正直なところです。しっかりと足元の安全を確認・確保しながら歩きます。『屋根業者が来ないから。』とご自身でシート養生をされる方が居ますが慣れない方が屋根に上がる行為は非常に危険ですので必ず専門業者にご依頼ください。
屋根は雨漏りが発生してもすぐに下地が傷むわけでは有りません。また、建物を形成する材料は交換や補修が可能ですがケガをしたご自身の体や万が一・転落してしまい失った命は二度と戻りません。ですので屋根には絶対に登らないようにお願いします。
地震被害の瓦屋根
棟付近の瓦写真
棟瓦部分は下まで落下はしていませんでしたがほとんどが棟部分より下がってしまっていました。万が一落下していれば車や人の頭等に当たり車の破損や重篤なケガの恐れが有りましたので不幸中の幸いです。棟瓦の下に入っていた調整用の瓦材もほとんどがズレてしまっています。

地震でズレた部分を仮復旧します

瓦屋根の写真
屋根上に散らばった土を掃除していきます。瓦は昔は土を繋ぎにし積まれていました。土の上に熨斗(のし)瓦を積み最後に半丸の冠(かんむり)瓦を銅線やステンレス線で固定します。土の見えている部分は漆喰(しっくい)という材料で化粧塗りを行います。 
棟瓦付近の写真
ズレた棟瓦部分は応急的に復旧し棟部分に並べます。瓦業者の補修まではこの時点では目星もつかず日数を要しますので極力・雨の浸入しづらい状況にしておきます。

シート養生をしていきます

屋根のシート養生写真
シート養生写真
シート養生を行います。あらかじめ地面でシートの大きさを決めてロープで手上げします。土のう袋に砂を入れてシートの重り用に何個か作りこちらも上げていきます。ブルーシートを先ほど戻した棟瓦にかけ重りの土のう袋を互いに結んで棟瓦にまたがせるように設置していきます。
瓦屋根の写真
シートが飛ばされないように土のう袋を等間隔に多めに乗せていきます。冬から春にかけてここ東北では強風が多い時期になりますので、飛ばされないようにしかっりと養生していきます。

終わりに

今回は緊急を要する事案でしたのですぐに動くように段取りをしました。しかしながら、瓦業者も忙しく復旧にはまだまだ時間がかかります。お客様自身も震災を含め2回目の大きな地震という事で瓦屋根から軽い素材の板金屋根やその他材質に替えるのも考えなければならないとご相談を受けました。今回の工事をキッカケに葺き替えも検討したいとの事でしたので後日・提案書をお持ちする約束をし現場を後にしました。

ここ数年・東北地方では大きな地震が続いています。半永久的に使用できる瓦材は確かに魅力的ですが材質自体が重い事や地震による落下の恐れなどデメリットも存在します。『街の屋根やさん仙台店』ではそのようなお客様にお応えできるよう、様々な材質や板金屋根・地震と割れに強いROOGAなど多数の商品を取り扱っています。

屋根の事でお困りのことが有りましたら『街の屋根やさん仙台店』までお気軽にお問い合わせください。調査・お見積もりは無料となっております。

お電話でのお問い合わせ⇒こちら 
メールでのお問い合わせ⇒こちら 

同じ工事を行った施工事例

施工事例

利府町でのスレート屋根補修と棟板金交換工事を行いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板0.35㎜ タフモック材 KMEWカラーベスト材
築年数
約 20年
建坪
約27坪
保証
工事費用
約18万円/税別 (仮設足場費 含む)
施工事例

仙台市太白区で強風被害による棟板金飛ばされ案件の工事に伺いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35㎜ 
築年数
40年
建坪
40坪
保証
工事費用
約20万
施工事例

宮城県太白区にて板金による穴塞ぎとセメント瓦補修工事を行いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35㎜平板
築年数
約50年
建坪
約28坪
保証
工事費用
6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古い天窓

岩沼市でのトップライト入れ替え工事のご紹介です。お客様宅は築年数が約28年になる平屋の建物になります。先日の強風被害によりトップライト周辺から雨漏りが発生し、交換したいととご連絡を頂きました。さっそく現地へお伺いしお見積もりとご提案をさせて...........

板金屋根

仙台市宮城野区のお客様から屋根・板金に関するお問い合わせです。お客様宅にはガレージと物置小屋が有るのですが、隣り合って建っているのですが、外壁の間の部分から雨が吹き込んでくるので困っているとご連絡を受けました。さっそくお伺いする日程を調整し...........

天窓

仙台市青葉区でのトップライト入れ替え工事のご紹介です。お客様宅は築年数が約30年になる板金屋根のお客様です。以前・トップライト周辺からの雨漏りのご相談を受けて、応急処置での防水工事を行ったお宅様になります。応急処置以降は雨漏りの発生は収まっ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-17-8283