オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

利府町でのスレート屋根補修と棟板金交換工事を行いました


工事のきっかけ

利府町のO様邸。屋根のメンテナンスを検討していた時期にネット検索で当社『街の屋根やさん仙台店』のHPを見て頂きお問い合わせを頂きました。現地調査にお伺いしたところカラーベスト材自体の傷みは少なく、再塗装が可能でした。しかし、棟板金付近のカラーベスト材で当時の屋根業者が施工した部分に施工不良の不具合箇所が見つかりました。また、棟板金を固定していた釘も所々で抜け始めていました。お客様へその旨お伝えしたところ、今回はカラーベスト材の不具合箇所の補修と棟板金の交換のご依頼をお受けしました。

利府町 屋根補修工事,棟板金交換,足場

ビフォーアフター

before
屋根の写真
horizontal
after
屋根の写真

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟板金交換,足場
施工期間
1日
使用材料
ガルバリウム鋼板0.35㎜ タフモック材 KMEWカラーベスト材
施工内容その他
築年数
約 20年
保証年数
工事費用
約18万円/税別 (仮設足場費 含む)
建坪
約27坪
ハウスメーカー

既存の屋根の状態

屋根の写真
屋根材自体は色あせが発生し始めているもののヒビ割れや破損もなくしっかりとしてました。
屋根の写真
棟板金の固定釘が抜けかかっています。このままの状態にしておくと釘が完全に抜けてしまい棟板金が風で飛ばされてしまいます。
屋根の写真
印の部分がシーリング剤により塞がれてしまっています。万が一・雨水が棟板金の中に浸水した場合、水が溜まってしまい雨漏りの原因になります。
屋根の写真
赤印の部分、通常施工では見えてはいけない部分になります。本来であればもう1段、カラーベスト材を施工しなくてはならない部分です。また、基準通りの施工がされていないため固定が出来ずオレンジ印の部分に穴を開け釘が打たれています。シーリング剤で防水処理はしていたものの経年劣化によりシーリング剤が剥がれ、浸水している状態でした。

既存材の撤去

屋根の写真
棟板金を撤去します。既存下地材は木材で比較的キレイな状態でした。本来の施工方法であれば印の部分にもう1段・カラーベスト材を取り付けなければいけません。
屋根の写真
こちらの下地材は釘が抜けかかっていて場所になりなますが、浸水していた影響で傷み始めていました。黒ずんでいる部分が水の浸透跡になります。
屋根の写真
既存の棟板金とケラバ板金の取り合い部分。棟板金はケラバ内部とカラーベスト材の中に入っていますので取れません。手前部分でカットして残し、棟板金新設の際に捨て板金として利用します。
屋根の写真
棟板金と下地材を撤去し、既存の穴の開けられていたカラーベスト材も撤去します。撤去後、防水紙にはカラーベスト材や棟下地を留めていた釘やビスの穴が開いています。その部分にブチルテープ(防水テープ)を貼り、防水処理を施します。

カラーベスト材での補修

before1
屋根の写真
horizontal
after1
屋根の写真
撤去した1段に新しいカラーベスト材を施工し、その上にもう1段・釘の固定した部分が隠れるようにカラーベスト材を施工します。そのままの状態ですと屋根からはみ出ますので、専用のベスト材カッターにて切断し・化粧部分を施工します。
屋根の写真
屋根の写真
既存のカラーベスト材は廃番となっている為、仕様が異なりますがお客様の了承を得て現行のカラーベスト材を施工します。

棟板金の取り付け

屋根の写真
新設の下地材には樹脂製のプラ貫板を使用します。木材に比べ水を吸うことがなく劣化に強いとされています。棟芯が通るように墨に合わせて取り付けます。
屋根の写真
屋根の写真
棟板金の接続部分にシーリング剤を入れ、次の棟板金をかぶせます。シーリング剤を中に入れる事で防水性が高まります。その手順を繰り返しながら棟板金を取り付け、屋根端部は専用の工具で加工し納めます。
屋根の写真
屋根の写真
撤去時に残しておいた既存の棟板金とケラバ板金の間に新しい棟板金を差し込みます。差し込む前に捨てシーリング剤を打ち、棟板金を取り付け後・再度シーリング剤にて防水処理を施します。

棟板金とカラーベスト材の交換完了

今回の工事ではまだ雨漏りは発生していませんでした。しかし、再塗装による屋根のメンテナンスを行うにあたり棟板金が悪くなる前にしっかりと直してから塗装したいとの事でご依頼を頂きました。結果的に棟板金ではなく、カラーベスト材の施工の不備が見つかり直すことが出来、大変満足して頂けました。屋根の状態を確認するのは慣れていない方だと非常に危険な行為になります。屋根の状態が気になる・メンテナンス方法の提案をしてもらいたい等、気になる事がございましたら『街の屋根やさん仙台店』まで。
調査・お見積もりは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

【工事完了後】

屋根の写真
ケラバ板金との取り合いです。既存の板金材と上手く接続できました。
屋根の写真
棟芯もしっかりと通しての施工です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

仙台市太白区で強風被害による棟板金飛ばされ案件の工事に伺いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35㎜ 
築年数
40年
建坪
40坪
保証
工事費用
約20万
施工事例

宮城県太白区にて板金による穴塞ぎとセメント瓦補修工事を行いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35㎜平板
築年数
約50年
建坪
約28坪
保証
工事費用
6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古い天窓

岩沼市でのトップライト入れ替え工事のご紹介です。お客様宅は築年数が約28年になる平屋の建物になります。先日の強風被害によりトップライト周辺から雨漏りが発生し、交換したいととご連絡を頂きました。さっそく現地へお伺いしお見積もりとご提案をさせて...........

板金屋根

仙台市宮城野区のお客様から屋根・板金に関するお問い合わせです。お客様宅にはガレージと物置小屋が有るのですが、隣り合って建っているのですが、外壁の間の部分から雨が吹き込んでくるので困っているとご連絡を受けました。さっそくお伺いする日程を調整し...........

天窓

仙台市青葉区でのトップライト入れ替え工事のご紹介です。お客様宅は築年数が約30年になる板金屋根のお客様です。以前・トップライト周辺からの雨漏りのご相談を受けて、応急処置での防水工事を行ったお宅様になります。応急処置以降は雨漏りの発生は収まっ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-17-8283