オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

宮城野区で雨漏りに伴う棟板金交換 工事内容をご紹介します


工事のきっかけ

宮城野区のお客様です。お客様宅は築年数が約23年の板金屋根の建物になります。以前より風を伴う大雨の時にだけ少量の雨漏りが発生していたそうです。そろそろ屋根の修理を・・・と考えていたそうなのですが、先日の強風が続いた時に棟板金が飛ばされてしまったとの事。幸いにもお隣さんの家屋や歩行者等の人為的被害は無かったものの、他の箇所も飛ばされる恐れがある為・早めに直してほしいとご連絡を受けました。さっそく現地調査にお伺いし屋根の現在の状況・報告をして提案書を提出させて頂いたところ『工事をお願いします。』との回答を頂きました。数年後に屋根全体の修理・補修、葺き替えを検討されているとの事で今回はあまり費用を掛けたくないとのご相談を受けましたので、費用は抑えつつしっかりと雨漏りを防ぐ方法で施工していきます。

仙台市宮城野区 棟板金交換,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
腐った貫板の写真
horizontal
after
棟板金の写真

工事基本情報

施工内容
棟板金交換,雨漏り修理
施工期間
1日
使用材料
カラーガルバリウム鋼板 棟包み板金材(0.35㎜)
施工内容その他
築年数
約23年
保証年数
工事費用
95,000円/税別
建坪
約25坪
ハウスメーカー

使用材料は?

棟板金 既製品 カラーガルバリウム鋼板 0.35㎜
棟下地 KMEW 樹脂製プラ貫板 タフモック

雨漏り箇所 下地の状態

腐敗した棟下地材
隅棟(すみむね)部分になります。水上から水下にかけて徐々に傷みの状況がひどくなっています。
雨漏りで傷んだ下地の写真
水下部分になります。写真・左の屋根下部になりますが下地材の貫板が傷んでしまい棟板金を留める釘が全く効かない状態です。
朽ちた貫板の写真
他の箇所も同様に傷んでしまっていました。この原因として考えられるのは屋根本体の横葺き(よこぶき)板金屋根材のハゼ(ジョイント部)から横走りした雨水が貫板にまで届き、年月をかけて腐敗させたのかと思います。貫板脇には浸水を防ぐためのシーリング処理がしてありましたが所々で切れが発生しており、そこから少しづつ浸水していたのだと推測しました。

貫板の撤去と防水処理

隅棟部分の写真
傷んだ貫板を撤去していきます。ほとんどの箇所で貫板を固定していた釘が効いていませんでした。貫板自体もボソボソになっており道具を使わず手でも取れる状態になってます。この状態のまま再び強風に煽られていたら、恐らくほとんどの棟板金が飛ばされていたと思います。
隅棟部分の屋根写真
貫板を撤去した部分には固定していた釘の穴が開いている状態です。こちらは棟下地の新設時に防水処理を行います。貫板脇に施工してあるシーリング剤も同時に撤去した行きます。
屋根立ち上げの写真
屋根本体材の隅棟部分は立ち上げ加工がしてあります。理想的には立ち上げ部分をもう少し外に逃がし、屋根に穴を開けずに下地材の固定を行いたいのですが今回は別の方法で施工します。
防水処理した屋根の写真
屋根材立ち上げ付近の写真
既存の貫板とシーリング剤を全て撤去し終えたら釘穴を塞ぐために片面ブチルテープ(防水テープ)を棟部分の前面に貼っていきます。屋根材の段差部分もしっかり貼る事で雨水の横走りも軽減されます。
平棟部分の写真
屋根頂上部分の写真
平行棟(屋根頂上部分)も同様に防水処理を行います。この部分は最も風と雨の影響を受けやすい箇所になりますのでしっかりと防水処理をしていきます。

下地材の施工と棟板金の取り付け

タフモック下地の写真
新しい下地材に樹脂製プラ貫板 タフモックを使用し取り付けていきます。このタフモック材は木製の貫板と比べ水が染み込みずらく雨や湿気による腐食の心配が少なく経年劣化に強いとされている材料になります。最近では使用する機会が多くなってきています。
タフモック材の写真
棟板金材を施工した際に棟芯がしっかりと通るようにチョーク墨に合わせて取り付けていきます。
水上部の棟下地の写真
平行棟部分も同様にまっすぐに通りが通るように取り付けます。屋根妻側(端部)は屋根材に合わせた位置で止めておきます。
棟板金の写真
棟板金を取り付けていきます。下地材のタフモックにパッキン付きの専用ビスで固定していきます。もちろん釘でも固定は可能なのですが風の通りが良い場所になりますのでより強度の高いビスで取り付けを行います。既製品の棟板金は1本の長さが約1.8メートルになります。部材を繋ぎながら施工していきますのでジョイント部にはシーリング剤を入れ、防水処理をして施工していきます。
平行棟の写真
棟板金の妻側写真
2か所の隅棟に棟板金材を取り付け平行部分の棟板金をかぶせていきます。棟板金の3方向から重なる部分を棟巴と呼びます。この棟巴は棟芯をしっかりと合わせて施工しないと隙間が空き雨水の浸入がしやすくなります。また、見た目的にも良い仕上がりにはなりませんので職人の技術の見せ所にもなります。妻側部分は棟板金を現場加工し小口の蓋を着けて納めていきます。以上の工程で棟板金補修工事の完了となります。


さらに詳しくこちらでも紹介していますのでご参考になればと思います。

この様な屋根の事でお困りのことが有りましたら『街の屋根やさん仙台店』までお気軽にお問い合わせください。調査・お見積もりは無料となっております。

お電話でのお問い合わせ⇒こちら 
メールでのお問い合わせ⇒こちら 

【工事完了後】

棟巴の写真
棟板金の交差する部分・棟巴もスッキリ仕上げました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

利府町でのスレート屋根補修と棟板金交換工事を行いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板0.35㎜ タフモック材 KMEWカラーベスト材
築年数
約 20年
建坪
約27坪
保証
工事費用
約18万円/税別 (仮設足場費 含む)
施工事例

仙台市太白区で強風被害による棟板金飛ばされ案件の工事に伺いました

屋根の写真
屋根の写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35㎜ 
築年数
40年
建坪
40坪
保証
工事費用
約20万

同じ地域の施工事例

施工事例

仙台市宮城野区で嵌合式立平葺きでのリフォーム工事を行いました

屋根下地の写真
嵌合式立平葺き写真
工事内容
屋根葺き替え
雪止め設置
足場
リフォームローン
使用素材
INAGAKI スタンビーTL455
築年数
35年
建坪
約13坪
保証
雨漏り保障10年
工事費用
約33万円/税別(屋根工事のみ金額・仮設足場費 含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

板金屋根

七ヶ浜町で雨漏りに関するお客様からのお問い合わせです。数日前の雨の強い日に室内へ雨が浸水してきたとの事で調査をお願いしたいとご連絡を受けました。天候の回復後、さっそく現地へお伺いし調査を進めていきます。

屋根の写真

仙台市太白区のお客様から屋根調査依頼のお問い合わせです。お客様宅は築年数が約40年の板金・瓦棒(かわらぼう)屋根のお宅様です。しばらく空き家となっていたそうなのですが、たまたまのタイミングで立ち寄った際・室内に雨染みのようなものを見つけたそ...........

剥がされた棟板金の写真

多賀城市での強風被害による棟板金(むねばんきん)の修理の様子です。K様邸は築年数が28年のカラーベスト屋根のお宅様です。先日の大風により棟板金の一部が剥がされてしまったとご連絡を受け現地調査にお伺いしました。既存の棟板金は飛ばされてはいませ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら仙台店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-17-8283